>

今流行の玄関の特徴とは

最近流行の玄関を紹介

新築でマイホームを建てようと思っている方にお勧めの玄関ホームを紹介しましょう。
玄関のドアは昔の日本では平均的に180センチ(6寸)でした。
しかし時代と共に成人男性の身長の平均が大きくなっていて、それに伴って玄関のドアも200センチ以上になってきました。
より高いドアになった事で、圧迫感もなくなり広々とした玄関になります。
しかしここである疑問が生じます。
高さがある分、ドアの重さが増すのではという事です。
軽量化できるアルミやスチールを利用したドアなら耐熱性は低いものの、そこまでの重みを感じずに済みます。
耐熱性の事を考えると、木製のものが良いと思われますが、当たり前のように重さは感じてしまうでしょう。
自分の理想に合った玄関ドアを探してみてはいかがでしょうか。

家の印象をがらっと変える玄関とは

最近流行りの玄関とはどのようなものでしょうか。
昔ながらの日本家屋はスライド式のドアがほとんどだったと言われていますが、昨今またスライド式のドアが流行っています。
スライド式のドアは引き戸に比べてドアの開け口が広く作れ、とても開放的な玄関として印象づけることができます。
そして玄関床の素材も気にすることでとてもおしゃれになります。
日本家屋を意識した玄関には石造りの床、洋風な造りの玄関にしたい場合は、多少柄のついた床材など玄関を変えることで家の雰囲気が変わるのは確実です。
弦がすべてを変える必要はなくカッターで床材を変えられる素材も販売されているため、そこまで金額に負担をかけることはないでしょう。
家の雰囲気を少しでも変えたいと思う方はプチリフォームをしてみてはいかがでしょうか。


この記事をシェアする