>

北海道では当たり前?寒い気候の家の玄関

寒い気候の玄関の特徴とは

寒い気候である北海道は冬になれば当たり前のように雪が降ってきます。
その為、外から玄関ドアを開けてすぐ家の中では、人が出入りするたびに寒い気温が家の中に侵入させてしまいます。
せっかく家の中をあっためていても、無意味になってしまうのです。
その為に北海道では玄関のドアの前に玄関フードを作る家がほとんどです。
ガラス張りで一畳弱のスペースの玄関フードはとても寒さの侵入を抑えてくれます。
ガラス張りともあって圧迫感はなく、金額もそこまでの高額な費用が掛かるわけではないので安心して下さい。
冬の寒さ対策をしておけば、理想の玄関にすることも可能なので、雪の降る環境に暮らしている方は、玄関フードを考えた方が良いでしょう。

最近流行っている寒さ解消の玄関とは

雪が積もると玄関先まで雪が降り積もってしまう事があります。そんなときによく使われるのがロードヒーティングです。
玄関の前にロードヒーティングを付けるだけで玄関は寒さから多少守ることができますし、一番大変な雪かきもしなくてよいので一石二鳥なのです。
種類は沢山ありますが、お勧めは温水循環式ロードヒーティングです。
温水循環式なので、低燃費でお財布に優しいです。
その割にしっかりと雪を溶かしてくれるのでとても満足していただけるでしょう。
玄関を変える前に玄関周りの環境を整えてあげることも重要なのかもしれません。
年齢と共に大変になる除雪問題を解決し、寒さ対策だけ考えた玄関ではなく自分の理想の家になるようにロードヒーティングを考えてみてはいかがでしょうか。


この記事をシェアする