>

家の玄関とはどのような存在なのか

体が不自由な方が抱える家の問題とは

体が不自由な方にとって困ってしまう問題は段差とスペースです。
歩行が困難な方にとって段差、スパース両方が大変なのです。
段差は少しの高さでも乗り上げるのが大変で勢いをつける必要があるので、慣れていない場所なら、多少の恐怖感も感じる事でしょう。
そしていくら段差がなくバリアフリーだったとしても車いすが入るだけのスペースは最低限必要なのです。
その為には玄関を開放的な空間にすることが必要なのです。
いつ人は体が不自由になってしまうかわかりません。
不吉な事を言うようですが、備えはとても大事な事です。
住んでいる地域にもよりますが、体がもし不自由になってしまった時に、バリアフリーのリフォーム料を一部援助してくれる場所もありますので、困っている方は調べてみてはいかがでしょうか。

体が不自由な方にありがたい玄関

最近の玄関の流行は開放的で必要最低限の物しか見せない、一切無駄のない環境です。
昔の日本家屋は玄関を入るとすぐ横に靴箱があり、家族が多いとそれだけ靴箱も大きくなり、圧迫感がとても気になりました。
しかし最近の玄関は横にドアがあり、靴を置くスペースが1畳ほどスペースとしてあるため、玄関にはかない靴を置いておく必要がなくなりました。
その為玄関ドアを開けた際に、すっきりとした玄関ホールを作ることができて、印象も変わるでしょう。
そして広さの問題でそこまで玄関に場所を造れない場合は、大きな鏡を置くことで玄関ホールが広いように錯覚させることができます。
玄関が開放的なら、体が不自由な方でも心配なく出迎えることができるでしょう。


この記事をシェアする